海外不動産の投資をしよう|ガッツリ儲けたいならコレ

様々な状況を活用して

節税したいと考えている方はマンション投資を始めてみるのがおすすめです。この投資は家賃収入が安定している点が魅力です。また現在は低金利が続いているので、借入金利が低く設定されています。このような時代性もあって、不動産への投資は注目されているのです。

国の違いと目的の違い

メンズ

インカムゲイン以外に着目

国内不動産への投資では、インカムゲインによって資産形成を行うのに主眼が置かれるのが一般的です。しかし、海外不動産の場合には国によって不動産事情が異なることから、インカムゲイン以外を目的とした投資を行うことができます。目的によって海外不動産を求める国や地域を変えて選ぶことが大切です。また、発展途上国のように経済的な発展が著しく、経済状態が上向きになっている国ではキャピタルゲインを求めて投資を行うことが可能です。海外不動産を購入して数年後には売ってしまうという戦略が立てられるでしょう。国によってこのような投資目的での購入が制限されている場合もあります。しかし、無制限に不動産を購入できる発展途上国に絞り込んで投資行うと、短期間で大きな利益を上げられる可能性があります。一方、所得税を軽減するために海外不動産を利用するという方法もあります。古くから建てられているコンドミニアムなどを購入して速やかに減価償却費を消化することにより、損益通算を行って効果的に節税を行うことが可能です。築年数が古くて価格も需要も高い物件を選んで投資すれば、減価償却を短期化して行った上で速やかに売却してしまうことができます。特に先進国の避暑地ではこのような物件が多いため、所得税対策として不動産投資をするという人には海外不動産の活用を検討する意味があるでしょう。どちらの方法を利用してもインカムゲインも手に入れられる点も忘れてはなりません。小さな利益を上げながら、国内とは異なる大きな利益も掴み取れる可能性があるのが海外不動産なのです。

滞納問題を解消します

女性

中古ワンルームマンションや1棟アパートで不動産投資をしているのであれば、入居条件の1つに家賃債務保証を加えておきましょう。家賃債務保証が付いている入居者であれば、滞納が発生したとしても、オーナーが頭を悩ますことはありません。

投資セミナーの探し方

セミナー

不動産投資を学習するには独学以外にも不動産投資セミナーを受講する方法があります。そして投資目的によって、受けるセミナーの種類も違ってきます。主なセミナーの種類には、初心者向けセミナーや税金対策セミナー、区分所有の希望者向けセミナーなどがあります。