海外不動産の投資をしよう|ガッツリ儲けたいならコレ

滞納問題を解消します

男女

間口が広がります

中古ワンルームマンションや1棟アパートを貸し付けているものの、しばしば滞納者が現れて困っているというオーナーも少なくありません。滞納者が出た場合には、賃貸管理会社を通じて督促をかけることが一般的ですが、督促をかけても家賃を回収することができない場合には、裁判を起こすことになります。裁判にはオーナーである投資家も出頭しなければならないケースもあり、一度、滞納者が出ると、数ヶ月にわたって頭を悩ますことになります。このような滞納の煩わしさをなくすためにも、家賃債務保証を付けさせるようにしましょう。家賃債務保証はここ数年で急速に伸びてきました。オーナーには、滞納が発生しても家賃を迅速に回収することができるというメリットが生まれます。また、家賃債務保証を必須としておけば、外国人に対しても賃貸物件の間口を広げることができます。外国人は親元から遠く離れていることがほとんどであり、連帯保証人が付けられずに、部屋探しに困っているケースが多いです。家賃債務保証を付けられる外国人も入居可能としておけば、入居対象者が広がり、空室の早期解消にもなります。家賃債務保証の申し込み受付は賃貸仲介会社が行います。そのため、オーナーは賃貸仲介を依頼する不動産会社に家賃債務保証手続きをしてくれるか確認しておきましょう。家賃債務保証は企業がビジネスとして行っているサービスであるので、連帯保証人よりも支払いの確実性が高いです。